TOP ご予約はこちら

STORY&CHARACTER

ストーリー

21世紀初頭。70億を超える人類は、今なお地球で繁栄を続けていた。
しかし、思想や人種の対立によって勃発する戦争、紛争。秩序が乱れ、危険薬物や
快楽殺人が跋扈する都市。貧富の格差が広がり、物資の過不足で乱れる社会。
終わらぬ環境汚染によって、浸食される生態系。繁栄の代償に起こった
地球環境の崩壊。それは、滅びの地〈シュバルツバース〉を生みだした。
南極に忽然と現れたその亜空間シュバルツバースは、あらゆる物を分子崩壊させながら
恐るべきスピードで拡大し、人類とその都市すべてを亜空間内部に飲み込もうとしていた。
国連は対策機関を設立し、情報規制の元問題解決に乗り出すが、
その正体は杳として知れないままであった。

そんな中、ついに国連は最終計画を発動する。
人知の及ばない未開の地を探索すべく、〈シュバルツバース合同計画〉を立案。
全世界から選りすぐりの兵士や科学者を集め、次世代の装備を搭載した
有人探索に踏み切ったのだ。人類の最後の希望を背負った〈シュバルツバース調査隊〉は、
謎深い滅びの地への過酷で奇妙な旅に乗り出す。
しかし、〈シュバルツバース〉で隊員たちを待ち受けていたものは、
目を疑うものばかりだった。目の前に広がる、南極ではあり得る筈のない風景。
神話や物語の中でしか存在しない、〈天使〉や〈悪魔〉と呼ばれる異形の存在。
テクノロジーが及ばない脅威の事象に翻弄された調査隊は、為す術もなく
ひとりまたひとりと命を落として行った。それでも主人公たちは、持てる英知を振り絞り、
人類滅亡のシナリオを回避するため〈シュバルツバース〉の探索を続けていくのだった...。

そしてそんな主人公の前に現れたひとりの少女。
見慣れない装備でひとり滅びの地を彷徨う謎の少女は、なぜか突然主人公に牙をむく。
シュバルツバースの謎とは?少女の正体とは?
そして主人公は、人類の生き残りをかけた、究極の選択を迫られる。

シュバルツバース

南極に忽然と現れた亜空間。
あらゆる物を分子崩壊させながら恐るべきスピードで拡大し、
人類とその都市すべてを亜空間内部に飲み込もうとしている。

レッドスプライト号

調査隊が搭乗する、次世代揚陸艦。
プラズマ動力で稼働し、保護シールドを貼った飛行も
可能。全4艦で構成され、主人公は作戦の指揮を執る
1号艦「レッドスプライト号」に搭乗する。

デモニカスーツ

「地上最強」と謳われる、着脱拡張型・次期能力統合兵器で、
正式名称は「DEMOuntable Next Integrated
Capability Armor」。基本AIを搭載しており、
様々なアプリケーションの追加で機能の増強が可能な
シュバルツバース調査隊の装備。

シュバルツバース調査隊

国連によって組織され、全世界から優秀な兵士や科学者が
集められた調査団。「機動班」「観測班」「資材班」「インフラ班」など
全8つの班で構成される。

シュバルツバース調査隊 もっと詳しく
アレックス
シュバルツバースで出会う者たち
アレックス 通常
アレックス デモニカスーツ
アレックス CV:潘 めぐみ

シュバルツバース内を探索中の主人公の前に現れた、謎の少女・アレックス。敵意をあらわにし、突如主人公に襲いかかってくる。シュバルツバース調査のために開発された最新鋭の装備「デモニカスーツ」を所有する彼女は、一体何者なのか...?

SS
ジョージ CV:中村 悠一

アレックスが装備するデモニカスーツのハンドヘルドコンピューターに搭載されたOS。AIだが、疑似感情プログラムを搭載しており、アレックスと自在に会話をするなど、調査隊のデモニカOSよりも高性能のようだ。

バガブー

調査の途中で主人公とヒメネスが保護した悪魔。ヒメネスと行動を共にするようになり、拙かった言葉も少しずつ覚えて行く。次第にヒメネスとは友情を築き始める。

マンセマット CV:森川 智之

自ら天使と名乗り、シュバルツバース内で主人公の前に現れる謎の存在。なぜか主人公やゼレーニンへ助言や手助けをする。ゼレーニンは次第にマンセマットへ信頼を寄せて行く。